Top
Raviole di San Giuseppe
f0139066_19392758.jpg


今日はバレンタインデーですね〜。
でも、今日紹介するお菓子はまったく関係ない感じ。(汗)

名前はRaviole di San Giuseppe
ラビオレ ディ サン ジュゼッペ!
ジュゼッペとはキリストことジェズーの父。
なので、3月19日のSan giuseppeの日は、イタリアでは父の日とされてます。
その日におもてなしするのが、このラヴィオリなんですって。

なんで、今このお菓子なの?って感じですが、
ただ単に、食べたかっただけです。。
まぁ、理由をこじつけるとしたら、
娘ちゃんに母乳をあげてるSatoはチョコレートがあまり食べられません。
でもちょっと悲しいから、少しだけってことで、
本を見て、目についたのがこのお菓子だったのです。





f0139066_19401374.jpg

<生地の材料>
薄力粉  250g
砂糖   50g
バター  18g
卵   1個
卵黄1個分
ベーキングパウダー  小さじ1/2杯
塩  少々

<詰め物の材料>
マロンペースト   150g
刻みチョコレート(ビター)      50g
刻んだアーモンド  50g

<作り方>
生地はクッキー生地同様に、混ぜ合わせ、
冷蔵庫で2時間は寝かせます。

詰め物のアーモンドをローストさせ、刻んだチョコレート、マロンペーストと
合わします。マロンペーストが少し硬めの場合はブランデーなどを少しだけ
入れ、混ぜやすくします。
あまり入れ過ぎないで!

休ませた生地を延ばし、
生地の上に詰め物を丸め、1列に並べます。
生地を2つに折りたたみ、詰め物を覆い、型で抜きます。

180度のオーブンで約20分焼いたらできあがり。

詰め物はジャムやマジパンなど、色々あるようです。
アーモンドも家にあったかぎりなくアーモンドパウダーに近い
ものを使いました。これは好みで。。。
今回私が作ったのはちょっと変わり種のようです。が、美味しかったですよ。
一気にたべちゃった〜。

Satoは生地を倍量で作ってしまったため、
半分位、生地が残ってしまいました。
また詰め物を変えて違うラビオリを作ろうと思います。
[PR]
Top▲ | by leosato | 2009-02-14 20:10 | Emilia Romagna
<< Miele | ページトップ | カステラ >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin