Top
ショートケーキ
f0139066_1929078.jpg



更新滞り気味でごめんなさぁい。。

思いっきり風邪ひいてます、、、涙



いやー、今年の冬は風邪気味だった事は
何度かありましたが、本格的にひく事はなく、
「よかった〜」
なんて思ってた所で、
最後に大きいのをひいてしまいました。

ここ2、3年、冬になると子供と一緒に
風邪ひいて熱出して寝込んでたんです。
1度どころか、何度も!!
それが、今年は子供達が風邪ひいても平気だったんですよね。。。

気を抜いたとたん、やられました。。。

このショートケーキも前回の記事のすぐ後に
更新してればよかったのに、のばしのばしになっちゃって、
あげく、風邪でぶっ倒れて、更新出来ないままに、、、

皆さんも気をつけてくださいね、
あたたかくなったからと、気を抜かないように〜、
私みたいに、、苦笑


f0139066_19293952.jpg


さてと、早速ですが、レシピ公開♪
前回のショートケーキもこの生地を使ってます。


【材料】

卵黄  4p
グラニュー糖  45g
卵白  4p
砂糖  105g
薄力粉  105g

イタリア在住の皆さんへ。。
薄力粉はMulino Bianco -speciale per Torteを使ってます。


【作り方】
◯オーブン、175度にあたためておく。
 薄力粉はふるっておく。
 
◯卵黄に砂糖45gを入れ、白っぽくなるまで泡立てる

◯卵白を立て、メレンゲを作ります。
 卵白を立てるボールは水分、油分は必ずきれいに取り除いておくこと!
 奇麗なしっかりとしたメレンゲが立たなくなてしまいますよ!!
 卵白は泡立てる直前まで冷蔵庫で冷やしておいてください。
 
 卵白のみを泡立てていきます。
 全体が白っぽく、気泡が出来、泡立って来たら
 グラニュー糖2、3度にわけ加えていきます。
 
 全体に艶が出て来て、ホイッパーでメレンゲを持ち上げた時、
 メレンゲの角の先が少しおじぎする程度まで立ったらオッケーです。

 けっこうしっかりしたメレンゲが立ったと思います。

◯白っぽく立てた卵黄のボールに
 半量のメレンゲを入れ、しっかり混ぜ合わせます。
 混ぜ合わさったら残りのメレンゲを加え、
 ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせ、まだメレンゲの白い部分が残っている状態で、
 ふるっておいた薄力粉を加え、切るようにサックリと混ぜ合わせます。
 
 メレンゲがしっかり立っていると、
 粉を入れて混ぜ合わせてもそれほど気泡が潰れることはありませんよ。

◯混ぜ合わさった生地を
 18cmのデコ型、2台に流し入れます。
 共立てと違い、生地がかなりしっかりしているので、
 型に入れる時、底に空気がはいらないように気をつけて!

 表面もへらで平にならし、
 台に型を2、3度打ち付け、空気抜きをします。
 (共立ての時の様に、ボコボコと気泡は上がって来ませんので注意!)
 

◯175度のオーブンで21〜23分、焼成。



焼き上がったらきっちり冷ましてからデコレーションしましょう。
熱いうちにカットするとうまく切れませんよ。




f0139066_1931867.jpg





今回、デコレーションに桜を絞ってみました。
10年以上ぶりに???新しい口金を買ってみたんです♪
メレンゲ菓子なんか作ったらかわいいでしょうね。


今回紹介したのは、ビスキィ生地で、
もちろん、絞り袋に入れて絞って焼くのが普通ですが、
こうやって型に入れて焼いても美味しい生地が出来ますよ。
少し甘めの生地ですので、生クリームで調節してください。

オーブンの温度、焼成時間は
我が家の場合で、各家庭のオーブンによって、微妙に変わって来ると
おもわれます。色々試してみてくださいね♪
[PR]
Top▲ | by leosato | 2010-03-19 20:42 | Torta e Biscotto
<< Biscotti all... | ページトップ | Tortellini >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin