Top
Galettes bretonnes
f0139066_18274712.jpg



オーブンがめでたく??なおったので、
試し焼きで、ガレット ブルトンヌを焼いてみました。

フランス、ブルターニュ地方の伝統的なお菓子。
実は、はじめて作りました〜、、へへへっ


前々から作ってみたかったんですが、
何故か手をつけなかったお菓子、ガレット ブルトンヌ。

「フランスの地方菓子」と言う本のレシピで作ってみましたよ。

でもね、エシレバターは当然なくって、オレンジもなくって、
オレンジピールをこれでもか!!って言うくらい小さく刻んで
中に入れました、、、汗

指定通りの材料ではなかったものの、笑
出来上がりは、サクサクで、ほんのり柑橘系の香りがただよう
美味しいガレットができましたよ。
主人もかなり気に入ってくれて、またリピしたいと思います♪


f0139066_1827768.jpg




フランスの地方菓子―語り継がれた美味しさ、旧くて新しいレシピ

ジャン=リュック ムーラン / 学習研究社





オーブン修理業者との戦い??




さて、オーブンのお話ですが、
半分、ぼったくられましたが、苦笑
大事にはいたらず、なんとか最終的には私達の勝ち?
う〜ん、引き分けかな?
で、終わる事ができました。

って、勝ち負けの問題じゃないよな。。


まず、1月3日の時点で、修理にきたおっさん!
これ、会ってほんの数分話しただけで、

「ダメだ、この人、全然仕事する気なさそう。。。」

って言うのが彼の印象でした。
予想的中!どんなに
「温度調節ができない!毎回ではないけど、オーブンがついたまま
指定温度以上になっても消えない」
とか、色々説明したのに、

「それは扉がちゃんと閉まってなくって、熱がもれてるんだよ。
だからオーブンの前が熱くなってしまったりするんだ。
ちゃんと閉まるように蝶番を変えたから大丈夫!」


って、自信満々に言ってくれましたが、
私が思うにこの人、中を開けて、解体?してまで
チェックするのが嫌なんじゃないか?ってね。

その日に限って、オーブンの温度設定は
取りあえず普通に動いていたんですよ。。。
まぁ、そう見えただけで、実際は故障してたんですがね。。

この時点で、この人に言っても無理だってことで、
この日はこれで様子をみることに。

この日、蝶番を変えただけで1××ユーロのお支払い。。。涙



そして、様子を見つつ、使っていたんですが、
パンを焼いたり、高温にするとやはりおかしくなってしまい、
とうとう、0℃に設定しても電源入れると加熱するように。。
あきらかに潰れてる!

電話で事情を話し、やっと温度設定の部分の機械を取り替える事に決定!
で、その機械はいったいいくらなんだ?と聞いたところ、
こないだ修理に来たおっさんが言うには1××ユーロ。
部品だけで、こないだの修理代を超えるのかぁ。。。

この時点でかなり落ち込み。。。
それに工事代、を足すのかぁ、またあのおっさんに来られるのも
腹立つ。
なんか、こうなる事をわかってて前の蝶番はだまされたんじゃ?
ってそんな事ばっかり考えるようになって、
イライラ爆発!

とりあえず、おっさんの言う事は信用ならなかったので、
メーカーに部品の値段を聞いてみることに。

そしたらなんと、びっくり!
おっさんが1××ユーロだって言ってた部品、一つ、45ユーロ!
念のため、蝶番の値段も聞いたんですが、1つが7ユーロ。
2つなんで、14ユーロですよ。

修理に来てた業者ってのは
メーカー指定だったので、
請求された金額を言ったところ、それは請求のし過ぎで、
それが部品だけの値段んなら問題だって!!


メーカーに電話した後、
業者に再度電話したが、おっさんには取り次いでもらえず。
また後日電話しようと言う事になり、この日はおしまい。


そして、次の日、
業者から電話があり、メーカーからの注意があったとの連絡が!!
申し訳なかったとの事。
ローマ、ラッツィオ州の修理はこの業者のみが指定になってるため、
すぐに何処の業者かバレちゃったんですよね。
で、今回の修理は部品代と少し工事代をいただくが
安くしておくとのこと。

なに?タダにしてくれても良いくらいよ!
とは思ったが、争うのは嫌なんで、OKすることに。

びっくりだったのは、蝶番を変えた時に請求された金額も
明らかにぼったくってるんじゃ?って言ったら
「それはうちではその値段でやってる!」だって!!
ぼったくってた事を認めたのに、
それは認めないんだ!!もらったものは返さないってことですよね。怒
こういう訳のわからない強気な所が
イタリアに来てどうしても受け入れられない!



そして、修理当日、
ビックリだったのは
その業者の主任さんが修理にきてくれたこと!
こないだの下っ端の口ばっかり動くおっさんとは
大違い!
テキパキと作業を開始!

うちのオーブンはキッチンはめ込み式で、しかも90cm幅の大型。
引っ張り出すのも大変なんですが、オーブンの前には
壁があって、かなり作業しにくいスペースだったんです、
でも難なく修理完了♪

こないだのおっさんがどうして作業したくないか
わかりましたよ。
オーブン上部を全て解体?しないといけなかったんですね。

よかった主任さんが来てくれて♪
しかも今後何かあったら自分に言ってくれって、
名前も残していってくれました。

本来ならあのおっさんが私達が住んでいる地域担当なんですがね。
ラッキ〜♪

やっぱりこの国はなんでも疑わないといけないんですよね!!!
そして、言った者勝ち!?


本来なら、ハイハイ、って言って払ってしまっていたであろう
修理費ですが、何故、今回こんなにイライラして、
メーカーにまで電話したかといいますと、、、


去年から我が家は半端で無いくらい
色んな物がこわれ、買い替えたり、修理してるんですよ。

洗濯機でしょ、車はあてられ前方大破でしょ、、涙、
私の眼鏡に、車のリモコンキー(車引かれ大破)娘の腕、、笑

その他、もろもろ、どんどん潰れて行ってて、
「潰れた、壊れた」って常に言い続けてて
かなり落ち込みモード。
そんな時の出来事だったんでね、
本当つかれちゃったよ。




もうこれっきりにして欲しいなぁ。。。。
[PR]
Top▲ | by leosato | 2011-01-24 19:52 | Torta e Biscotto
<< Galette des rois | ページトップ | Biscotti al cacao >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin