Top
ハチミツレモンケーキ
f0139066_21582671.jpg


今日はハチミツレモンのバターケーキを紹介

ハチミツが入っているので、
パサパサした感じがしっとりした感じに。

もちろん、シロップを染ましたもの程
しっとりと言うわけには行きませんが、
基本のレシピに比べると、
プロの味に近づけるのでは?

って、言い過ぎか?


材料 (18cmデコ型 1台分)

バター(無塩)  170g
砂糖   50g
卵黄   3個分

薄力粉   110g
強力粉   75g
ベーキングパウダー  3g

ハチミツ   60g
バニラオイル  少々
牛乳   15g

レモンの皮のすりおろし  1個分
レモン汁   1/2個分

メレンゲ
 卵白   95g
 砂糖   60g


作り方

◯ バターを室温に戻しておきます
   もしくは、電子レンジの解凍機能を使い、柔らかくしておきます
   溶かしてしまってはいけません
  卵を常温にしておきます
  薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーはよく混ぜ合わせ、ふるっておきます
  オーブンを175℃に設定します
  型の底に紙をひいておきます

◯ バターに砂糖50gを加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てます

◯ 卵黄をひとつづつ加え、ミキサーでよく混ぜます

◯ ハチミツ、牛乳、バニラオイルを人肌位に温めます
  温めすぎると分離するので注意してください

◯ 泡立てたバターに、ハチミツ、牛乳、バニラオイルを温めたものを加えます
  つづいて、レモンの皮のすりおろしと、レモン汁も加えます

◯ メレンゲを泡立てます

  メレンゲを泡立てる時、
  ボールの水分、油分は必ず奇麗に取り除くこと!
  この2つが入っているとメレンゲはキレイに泡立ちません
  もちろん、泡立てるのに使うハンドミキサーもキレイなものを使います

◯ ボールに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立てます
  卵白が白く泡立ってきたら、砂糖を2、3回に分け加え、さらに泡立てます 
  砂糖を加えると、卵白の気泡が細かくなり、つやが出て来ます

◯ 8分立てにします
  目安は卵白をすくった時に出来る角がピンと立たず、おじぎをするくらい
  ホイッパーですくえないようなら、まだまだ泡立てる必要があります

◯ バター生地に卵白を1/3加え、ゴムベラで合わせます
  この時、気泡がつぶれてもかまいません

◯ ふるっておいた粉を2、3回に分け加え、ゴムベラで混ぜ合わせます
  最後に残りの卵白を加え、今度は気泡がつぶれないように、
  ゴムベラを切るように使い混ぜ合わせます

◯ 型に生地を移します
  型底を台にうちつけ、空気を抜き、隅まで生地がいくようにします
  表面は平にします

◯ 175℃に温めておいたオーブンに入れ
  45〜50分焼きます
  オーブンにより焼き時間は変わってきます
  竹串を挿して、何も付いてこなければOKです

◯  仕上げに、輪切りにしたレモンを水とハチミツで煮た物を
  上に飾りました
  コーティングはその時で来たシロップに寒天を溶かしたものを塗りました。
  寒天を入れすぎると固くなり過ぎ、ケーキになじみません
  気を付けてね

コーティングゼリーを塗らないなら、シロップをはけでしみ込ませると
もっとシットリしたケーキになりますよ
お好みでアレンジしてみてください

バターは今回、発酵バターを使いました

出来上がったケーキは冷蔵庫にはいれないで!
固くなってしまいます

1日目、2日目、3日目と、味が少しずつ変わっていきますよ
食べ比べてみてください
  
[PR]
Top▲ | by leosato | 2007-04-19 22:58 | Torta e Biscotto
<< Tiramisu con le... | ページトップ | Pastiera Napole... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin