Top
Tiramisu con le fragole
f0139066_21575353.jpg


先日、うちの主人のお友達が夕食に来るからと
買い出しの為にいつも行く、ローマにあるメルカートに行ってきました

料理に忙しかったので、
デザートは手抜きをしようと、苺を3パック買ってきました

苺を適当な大きさに切り、
レモン汁とお砂糖をかけます
半日程冷蔵庫に置くと苺から水分も出て、
すっぱい苺も甘くなります

こちらの苺は日本の物程甘くはないので、
このようにして食べるんですよ

で、1パック残ったので、せっかくだから何かデザートを作ろうと思い
冷蔵庫に買い置きしてたマスカルポーネチーズを使い
苺のティラミス を作る事にしました。

ちょっと見た目、苺ショートケーキ風になってしまいました

本当は大きなスプーンですくっていただく予定だったのですが、
ビスキィー生地が余ったので、
上にものせちゃったんですよね

今回私が作ったやり方、
ちょっと家庭ではやりにくいかもしれませんね

卵黄にあっつ〜いシロップを入れ泡立てると言うやり方、
パートボンブと言うものを作るのですが、
シロップの煮詰めの目安、卵との合わせ方にコツ?がいるので、
今回は卵に火を通さないやり方を紹介します

が、火を通していないので、なるべく早めにお召し上がりください


材料

<クリーム>
生クリーム  250cc
マスカルポーネ  250g
卵黄  4個分
砂糖  85g

<ビスキィ>
卵黄  3個分
卵白  3個分
砂糖  70g
薄力粉  70g

苺  1パック
砂糖  大さじ2杯
レモン汁  1/2個分
白ワイン 100cc


作り方

◯ 苺を適当に好みの大きさにカットします
  砂糖をまぶし、レモンを加え混ぜ合わし、冷蔵庫で寝かします
  出来れば前日、もしくは半日置くといいですね。
  置いたものに白ワインを加えます
  これはビスキィに含ますシロップとして使いますので、
  汁気は捨てないでください
  苺と苺シロップは、わけておきます

◯ ビスキィを焼きます
  175℃のオーブンで約13分、焼きます(オーブンにより前後します)

 今回、ビスキィの作り方は省略させてもらいます
 追々、「基本の生地作り」と題して、カテゴリをもうけるつもりをしてますので
 それまで、詳しい作り方はお待ちください

  ビスキィの代用として、
  市販のサボイアルドのビスケットを使って作ることもできます
  こちらを使えは気軽にティラミスを作ることができますよ


◯ クリームを作ります

◯ 生クリームを泡立てます
  8部立て、完全にたてないでください
  口当たりが悪くなりますよ

◯ 卵黄に砂糖を加え、白っぽくもったりするまで
  ミキサーで泡立てます
  私は砂糖が溶けやすいよう、微粒グラニュー糖を使っています

◯ 泡立ったら、マスカルポーネを加えます
  そのまま、ミキサーの低速でまわしてください

◯ 大体合わさったら、ミキサーを取り、
  ゴムベラに持ち替え
  立てておいた生クリームを加えます
  
 これでクリームは完成です

◯ ガラスの器、もしくはタッパーの大きなものに
  ビスキィ(又はサボイアルド)敷き詰めます
  苺シロップを刷毛で十分にビスキィに染ませます

◯ 砂糖に漬けた苺をの半分を並べます
  その上からクリームのを苺がかくれるくらいのせ、
  もう一度、ビスキィを乗せて、同じ事をくりまえします

◯ ビスキィを上の部分にも乗せてもいいですし、
  クリームが一番上になるようにしてもOKですよ。

◯ 苺の砂糖漬けが残っていたら、上に飾るのもいいですよね

お好きな形で、サービスしてください


日本の苺はとっても甘いですよね
苺の砂糖漬けは好みで砂糖の分量を変えてください。
ちなみに、2杯としましたが、私は3杯入れました
すっぱいんですもの〜
  
[PR]
Top▲ | by leosato | 2007-04-22 01:35 | Dolce
<< Profiteroles | ページトップ | ハチミツレモンケーキ >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin